iモードメールが送信ドメイン認証技術に対応(NTTドコモグループ) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

iモードメールが送信ドメイン認証技術に対応(NTTドコモグループ)

エヌ・ティ・ティ・ドコモグループ9社(ドコモ)は12月6日、iモードメールサーバが送信ドメイン認証技術に対応したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エヌ・ティ・ティ・ドコモグループ9社(ドコモ)は12月6日、iモードメールサーバが送信ドメイン認証技術に対応したと発表した。

これまでドコモは、なりすまし迷惑メール対策として、「ドメイン指定受信機能」により他社携帯電話およびPHSドメインになりすましたメールの受信を防ぐ機能を提供してきた。今回更なる対策として、iモードメールを送信するサーバを、IPアドレスを基に認証する方式SPFに対応させた。

これにより、受信側のメールサーバにSPF方式の送信ドメイン認証技術が導入されている場合、受信側のメールサーバにおいて、iモードメールのドメインで届いたメールが、真にiモードメールサーバから送信されたものかを判別できるようなり、「なりすましメール」対策を実施することが可能になる。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20051206.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×