操作監視機能や運用管理ソフトとの連携機能を強化した情報漏洩対策ソフトを発売(NEC) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

操作監視機能や運用管理ソフトとの連携機能を強化した情報漏洩対策ソフトを発売(NEC)

日本電気株式会社は12月6日、情報漏洩対策ソフト「InfoCage」を、大規模システムに対応できるよう機能を強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社は12月6日、情報漏洩対策ソフト「InfoCage」を、大規模システムに対応できるよう機能を強化したと発表した。

今回、「InfoCage」と統合運用管理ミドルウェア「WebSAM Ver.6」と連携し、情報漏洩対策システムの効率的な運用を実現できるようになった。

また、重要ファイルの操作履歴を記録する「InfoCage/ファイル操作監視」では、セキュリティソフト「iPrinting.Secu@」との連携が可能となり、重要ファイルに対する操作をデータ形式時だけでなく印刷後も監視することが可能となった。

また、機密ファイルの持ち出し操作などを制限する「InfoCage/持ち出し制御」について、管理対象クライアント数を従来の1000台から3000台に拡大、また高可用性クラスタソフト「CLUSTERPRO」にも対応した。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0512/0601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×