操作監視機能や運用管理ソフトとの連携機能を強化した情報漏洩対策ソフトを発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

操作監視機能や運用管理ソフトとの連携機能を強化した情報漏洩対策ソフトを発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社は12月6日、情報漏洩対策ソフト「InfoCage」を、大規模システムに対応できるよう機能を強化したと発表した。

今回、「InfoCage」と統合運用管理ミドルウェア「WebSAM Ver.6」と連携し、情報漏洩対策システムの効率的な運用を実現できるようになった。

また、重要ファイルの操作履歴を記録する「InfoCage/ファイル操作監視」では、セキュリティソフト「iPrinting.Secu@」との連携が可能となり、重要ファイルに対する操作をデータ形式時だけでなく印刷後も監視することが可能となった。

また、機密ファイルの持ち出し操作などを制限する「InfoCage/持ち出し制御」について、管理対象クライアント数を従来の1000台から3000台に拡大、また高可用性クラスタソフト「CLUSTERPRO」にも対応した。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0512/0601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×