トラフィック乗っ取りなどの危険性のあるDNSサーバ設定の削除を実施(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

トラフィック乗っ取りなどの危険性のあるDNSサーバ設定の削除を実施(JPRS)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は12月5日、DNSサーバの不適切な管理が引き起こす危険性解消に向け、管理権限を第三者が取得する危険性のあるDNSサーバ設定の削除を行うと発表した。

今回の措置は、DNSサーバとして使用されていたホスト名が、ドメイン名の廃止によって存在しなくなった後もDNSサーバとしてレジストリに登録したままであるといった原因により、DNSサーバが属するドメイン名の管理権限を第三者が取得し、本来のサイトと異なるサイトに誘導してしまう危険性を低減するために実施するもの。

なお、DNSサーバ設定として既に機能していないものを削除するため、該当するドメイン名へのインターネット接続性の影響はない。

http://jprs.co.jp/press/051205.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×