F-Secure、2005年下半期のデータセキュリティ総括を発表 | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

F-Secure、2005年下半期のデータセキュリティ総括を発表

F-Secure社は、2005年下半期のデータセキュリティを統括したレポートを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
F-Secure社は、2005年下半期のデータセキュリティを統括したレポートを発表した。

発表によると、2005年下半期はネットワーク・ワームを使った大量攻撃が大幅に減少する傾向が見られた。大規模な攻撃は、国際的に大規模な混乱を引き起こした9月の事件と、ワームによりEメールが氾濫した11月末の事件の2件に留まっている。
しかし、ウイルスの発生件数は引き続き増加しており、警告件数は110,000件から年末までに約150,000件に増加する見込みであるとしている。

F-Secure社、2005年下半期データセキュリティ総括を発表
http://www.f-secure.co.jp/news/200512071/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×