トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は12月2日、11月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、11月のウイルス感染被害の総報告数は8,065件で、先月の5,115件からさらに増加した。感染被害件数はスパイウェア「SPYW_GATOR」が339件で最も多く、アドウェア「ADW_SHOPNAV」の104件、トロイの木馬「TROJ_ISTBAR」の102件と続いている。ワームでは「WORM_RBOT」の93件が最高であった。

 スパイウェアの件数が増加しているのは、同社の「ウイルスバスター2006インターネット セキュリティ」が初期設定からスパイウェアのリアルタイム検索機能を使用するため、本ソフトを購入またはバージョンアップしたユーザのPCに以前から潜んでいたスパイウェアが検知されたことが大きな要因としている。

トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2005年11月度
http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2005/mvr051202.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×