ICカード時代のICカードを利用したオフィスセキュリティ対策(セコムトラストネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ICカード時代のICカードを利用したオフィスセキュリティ対策(セコムトラストネット)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 セコムトラストネット株式会社は、同社のホームページで、ICカードをこれから導入検討する企業に向けて、導入ケースを分かり易く解説した「ICカードケーススタディ」と題したサイトを公開した。

 ICカードは、JR東日本乗車券Suica、電子マネーEdy、ETCや住基カードなど多く利用されている。2004年度は8,400万枚が発行され、2005年度には1億枚以上が発行されると言われている。企業においては個人情報保護法施行により、企業の情報漏洩対策の一つとして、オフィスの入退室管理やPCの不正使用防止などの安全対策にICカードを導入する企業が増えている。

 当ケーススタディでは、セコムトラストネットが手がけた数多くのICカードの導入事例を、いくつかのパターンにまとめ、導入効果を含めた具体的なケースが紹介されている。

ICカードケーススタディサイト
http://www.secomtrust.net/news/2005/ns_iccasestudy20051201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×