サービス・プロバイダ向けセキュリティ管理プラットフォームの新バージョンを発表(チェック・ポイント、SofaWare) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

サービス・プロバイダ向けセキュリティ管理プラットフォームの新バージョンを発表(チェック・ポイント、SofaWare)

 SofaWare Technologiesは11月29日、サービス・プロバイダ向けに特化したネットワーク・セキュリティ管理システム「Security Management Portal(SMP)」の最新バージョン 6.0を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 SofaWare Technologiesは11月29日、サービス・プロバイダ向けに特化したネットワーク・セキュリティ管理システム「Security Management Portal(SMP)」の最新バージョン 6.0を発表した。

 同製品は、どこからでも数台から何万台ものSafe Officeゲートウェイの管理や設定、コントロールをスケーラブルに行える手段を提供するシステム。また、ファームウェアおよびアンチウイルスのアップデートからダイナミックVPN、ダイナミックDNS、セキュリティ・レポーティング、Web フィルタリング、アンチスパム、脆弱性のスキャニングなどの追加オプションも用意した。なお、新しいSafe Office 500シリーズ・アプライアンスにも対応している。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2005/20051129safe@office500.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×