Websense、SonyのDRMアンインストーラを利用するWebサイトを発見 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

Websense、SonyのDRMアンインストーラを利用するWebサイトを発見

製品・サービス・業界動向 業界動向

米ウェブセンス社は11月17日、同社のセキュリティ情報分析機関「WebsenseSecurity Labs」がエンドユーザのPCで悪質な活動を行うための手段として、SonyのDRMアンインストーラを利用するWebサイトを発見したという報告を受けたと発表した。

最近発表されたSonyのDRMアンインストーラがCOMオブジェクトを含んでいることが発見されている。アンインストーラは、rootkitを削除するためにCOMオブジェクトをPCに送り込むが、このCOMオブジェクトはインストール後も削除されない。そのため、これを攻撃経路として利用する悪質なWebサイトに対し、PCが無防備な状態にさらされてしまう。

Websense Security Labsでは、この脆弱性が潜在することが報告された直後に、データ分類とインターネット・マイニングの手法に検出メカニズムを追加した。今のところ発見されたサイトは多くないが、悪質なサイトがこの脆弱性を利用してエンド・ユーザを攻撃する可能性は高いとしている。

Malicious Website: Sony Uninstaller Exploits
http://www.websensesecuritylabs.com/alerts/alert.php?AlertID=340
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×