Linuxプラットフォームをサポートするメールサーバ用ウイルス対策ソフトを発売(ギデオン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

Linuxプラットフォームをサポートするメールサーバ用ウイルス対策ソフトを発売(ギデオン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ギデオンは11月15日、広範なLinuxプラットフォームをサポートするメールサーバ用アンチウイルスソフト「ギデオン アンチウイルス メールサーバ Ver.3」を11月21日より出荷すると発表した。
本製品は「アンチウイルス for Linux / アンチウイルス for Sun Cobalt」後継版で、ユーザの意見を取り入れて大幅な機能強化が行われている。
インテルアーキテクチャを採用したLinuxで、ほぼ全てのディストリビューション、主要なメールサーバをサポートしている。専用のサーバが不要で、メールサーバに特化したウイルス対策が行える。
カスペルスキーラブス社のアンチウイルスエンジンを採用することで世界最高レベルのウイルス検出力を搭載。
また、ブラウザから見やすいGUI管理ツールを搭載し、専門知識がなくても設定が行え、詳細なウイルスの感染状況のログなどを表示できる。

http://www.gideon.co.jp/products/av_mail_server.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×