2005年のキーロガーは昨年の65%増、iDefenseが報告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

2005年のキーロガーは昨年の65%増、iDefenseが報告

製品・サービス・業界動向 業界動向

セキュリティ企業である米iDefenseおよびVeriSign companyは、2005年のキーロガーに関する調査報告を発表した。発表によると、2005年に確認されたキーロガーの発見件数は6,191件で、2004年の3,753件より65%増加した。2002年では444件、2003年は1,230件だったため、急激に増加している。

キーロガーは、ほとんどがサイバー窃盗グループの仕業であり、スパイウェアと組み合わせたフィッシングメールを送信する手法が多いという。また、これらはウイルス対策ソフトやファイアウォールを回避するよう設計されている。

iDefense:iDefense Tracks Dramatic Growth in Password-Stealing Keyloggers
http://www.idefense.com/about/newscenter/recentreleases/2005_11_15.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×