個人情報保護法対策、大企業と中小企業に大きな差、HPが調査報告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

個人情報保護法対策、大企業と中小企業に大きな差、HPが調査報告

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本ヒューレット・パッカード株式会社は11月17日、「個人情報保護法対策の進展調査」を実施、結果を発表した。発表によると、個人情報保護法に対し、「対策を実施していない」大企業は9.9%であるのに対し、中小・中堅企業は50.6%であった。また、ITセキュリティに関して、「対策を実施している」大企業が75.2%であったのに対し、中小・中堅企業は41.7%と、現状の対応に大きな差が出ていることが明らかになった。

また、「個人情報保護法対策の課題」として、ノウハウ不足と答えた中小・中堅企業が51.8%と大企業の35.5%よりも多く、「最初の進め方がわからない」と答えた中小・中堅企業は14.6%と、大企業の2.5%を大幅に上回る結果となった。個人情報保護法に関しての知識面での差があることからも、多くの中小・中堅企業は具体的な対応策をどうすればいいのかという、初歩的な部分で苦慮していることがうかがわれる。

日本HP:「個人情報保護法対策の進展調査」詳細
http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2006/pdfs/fy06-006.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×