グループウェアのアドレス帳からの情報漏洩を防止する製品を販売(日立ソフトウェアエンジニアリング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

グループウェアのアドレス帳からの情報漏洩を防止する製品を販売(日立ソフトウェアエンジニアリング)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、サイボウズ、大塚商会と協力し、ポータル型グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」のアドレス帳からの情報漏洩を防止するセキュリティ製品「秘文AE WebGuard for ガルーン 2」を開発、大塚商会を通じで販売を開始した。
同製品は、Webコンテンツからの情報漏洩を防止する製品「秘文AE WebGuard」を、「サイボウズ ガルーン 2」対応版としてカスタマイズしたもの。
「ガルーン 2」では、アドレス帳からの情報漏洩対策をする場合、情報にアクセス可能か不可能かの2者択一による制御方法がほとんどだが、同製品を利用すれば、情報の参照のみ可能とし、クライアントPCへの情報の保存、文字列のコピーペースト、印刷などを禁止することができる。これにより、閲覧のみ可能で、外には持ち出せないようにするという権限設定が可能となり、情報漏洩を強力に防ぐことが可能。
価格は4,200円/1クライアント。

http://www.otsuka-shokai.co.jp/company/release/News1753.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×