アップルのQuickTime Playerに脆弱性(Apple) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

アップルのQuickTime Playerに脆弱性(Apple)

製品・サービス・業界動向 業界動向

米eEye Digital Security社は、Apple社のQuickTime Playerに深刻な脆弱性が発見されたと発表した。

Appleでは11月3日に4件のセキュリティアップデートを発表しているが、この脆弱性に対するパッチは提供されていない。
あらゆる種類のOSで動作するQuickTimeの各バージョンが影響を受け、リモートからコードを実行される可能性があるとしている。
攻撃者は、狙ったマシンに侵入してユーザになりすまし、そのユーザが行えるすべての操作が可能となる。
管理者権限のあるユーザであれば、PCのすべての部分にアクセスできることになる。

http://www.eeye.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×