携帯電話にアンチウイルスソフトのフリをする新種ウイルス発見 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

携帯電話にアンチウイルスソフトのフリをする新種ウイルス発見

製品・サービス・業界動向 業界動向

F-Secureは11月8日、海外で多くの携帯電話に搭載されているSymbian OSに感染する新種のウイルス「SymbOS/Doomboot.G」を検出したと発表した。

SymbOS/Doomboot.Gは「Doomboot」の亜種で、ExoVirusStopウイルス対策ソフトでは「Lasco.A」として検出されるウイルス対策ソフトの海賊版のふりをする。海賊版とはいえ、アンチウイルスソフトそのものが含まれているウイルスの検出は初めて。

SymbOS/Doomboot.Gは、Doomboot.Aが使用していたシステムバイナリと空のファイルが含まれており、感染すると携帯電話の電源が落ち、携帯電話を再フォーマットしない限り再起動不能になる。

F-Secure:Symbian Anti-Virus Bundled with Symbian trojan
http://www.f-secure.com/weblog/archives/archive-112005.html#00000698
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×