メールゲートウェイ向けの統合メッセージセキュリティソリューション(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

メールゲートウェイ向けの統合メッセージセキュリティソリューション(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は、メールゲートウェイ向けの統合メッセージセキュリティソリューションの最新版、「PureMessage for UNIX 5.1」を発表した。

今バージョンでは、ポリシーまたはMTA双方のレベルで送信者認証フィルタリング機能を搭載。ポリシー施行の場合は、ブロックしたいメッセージを受信して隔離エリアに保存することができるため、スパムを監査情報等の目的で使用することが可能。
また、MTAレベルのフィルタリングでは、ゲートウェイマシンの処理能力に応じて、メールのボディを受信する前にメッセージの受取りを拒否するように設定できる。

価格は1ユーザー1,740円(1000ユーザー、年間ライセンスの場合)。Linux、Solaris、FreeBSDに対応。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20051028pmunix.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×