検疫ネットワーク市場向けの不正PC検知システム「L2Blocker」を開発(ソフトクリエイト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

検疫ネットワーク市場向けの不正PC検知システム「L2Blocker」を開発(ソフトクリエイト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ソフトクリエイトは11月2日、ネットワークへの不正アクセスを防御する不正PC検知システム「L2Blocker」を開発、11月末より販売を開始すると発表した。

本製品は、不正PCの検知、ブロックを目的とした同社初のソフトウェアとハードウェア一体型の自社開発によるアプライアンス製品。
本製品の導入によって、持ち込みが許可されていないPCの社内ネットワークへの接続を検知し、不正利用を阻止することが可能となり、検疫ネットワークシステムとして威力を発揮する。
コンパクトサイズなアプライアンスとなっており、PC1台で管理できる。
また、既存のスイッチングハブに接続するだけなので、既存ネットワーク内の構成機器の設定を変更する必要がない。

http://www.softcreate.co.jp/download/268/PR051102-1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×