千葉銀行を騙り送付されるCD-ROMで、不正振り込み被害 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

千葉銀行を騙り送付されるCD-ROMで、不正振り込み被害

製品・サービス・業界動向 業界動向

千葉銀行は11月1日、同行の法人向けインターネットEBサービス「Web-EB」を利用している顧客から、「千葉銀行名で送られてきたCD-ROMをパソコンにインストールしたところ、預金口座から身に覚えのない振込がなされた」という連絡があったと発表した。

同行が調査を行ったところ、現時点でCD-ROMが送付された顧客は3先であり、このうち1先で前述の取引がなされたことが判明したという。
同行では、CD-ROMでソフトウェアを送付するようなことは一切行っておらず、万一、同行名でCD-ROMが送付された場合には、絶対にパソコンに挿入しないように、また、ちばぎんホットライン(フリーダイヤル:0120-203-004)までご連絡するよう呼びかけている。

千葉銀行:当行を偽装して郵送されるCD-ROMにご注意ください
http://www.chibabank.co.jp/news/html01/00260/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×