陸前高田市農協、車上荒らしで個人情報流出の可能性 | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

陸前高田市農協、車上荒らしで個人情報流出の可能性

陸前高田市農業協同組合は10月25日、共済外務職員の個人車両が車上荒らしに遭い、個人情報が記載された資料の入った鞄が盗難されたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
陸前高田市農業協同組合は10月25日、共済外務職員の個人車両が車上荒らしに遭い、個人情報が記載された資料の入った鞄が盗難されたと発表した。

これは同職員が10月17日、顧客を訪問する際に私用で車から離れた50分ほどの間に車上荒らしに遭ったというもの。
車は施錠していた。

盗難された鞄には、40名分の氏名、住所、共済契約内容などが記載された資料などが入っていたという。
同職員はただちに警察に通報し、現場検証のうえで被害届を提出したが、10月25日時点において発見されておらず、また不正使用などの事実について確認されていないという。
同農協では、盗難された個人情報が含まれる40名のうち、対象者が特定できた33名を訪問し、事情の説明とお詫びをした。

陸前高田市農協:個人情報の盗難のお詫びとお知らせ
http://www.jaiwate.or.jp/jarikuzentakata/information/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×