無料IP電話ソフト「Skype」に3種類の脆弱性が発見(Skype) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

無料IP電話ソフト「Skype」に3種類の脆弱性が発見(Skype)

Skypeは、P2P技術を活用した無料IP電話ソフト「Skype」に、3種類の脆弱性が発見されたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Skypeは、P2P技術を活用した無料IP電話ソフト「Skype」に、3種類の脆弱性が発見されたと発表した。

発見された脆弱性のうち2つはWindows版のみに影響し、1つは「callto://」「skype://」形式のURIを処理するハンドラに問題があり、バッファオーバーフローが発生するというもの。
もう1つは、電子名刺をやり取りするVcardフォーマットの処理に起因するもので、いずれも細工を施した文字列やVcardを読み込むことにより、任意のコードを実行される可能性がある。
また残る1つは、Windows版だけでなくMac OS XやLinux、Pocket PC版にも存在。
Skypeクライアントのネットワークトラフィックの処理機能に境界エラーの問題があるため、Skypeがクラッシュする可能性がある。

Skypeはリスクを「高」とし、最新バージョンへアップグレードするよう推奨している。

http://www.skype.net/security/skype-sb-2005-03.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×