「Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio」が「手のひら静脈認証」に対応(富士通サポート&サービス) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

「Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio」が「手のひら静脈認証」に対応(富士通サポート&サービス)

富士通サポート&サービス株式会社は、「Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio」において、「手のひら静脈認証方式」の対応を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士通サポート&サービス株式会社は、「Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio」において、「手のひら静脈認証方式」の対応を開始した。

SF2000 Bioは、複数のバイオメトリクス(指紋・顔・声紋・サイン認証)を統合し、高度なセキュリティを実現するサーバ認証型のバイオ認証システム。
Webシステムのアクセス制御、ネットワークへのログオン、医療システムでの利用者認証など、業務プロセスの任意のタイミングに、より確実な本人認証の組み込みが可能。今回の手のひら静脈認証では、富士通製非接触型手のひら静脈認証装置を使用し、手をかざすだけの簡単な操作で最高水準のセキュリティを実現する。

価格は約250万円から(個別見積)。

http://www.fsas.fujitsu.com/release/2005/1020/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×