情報漏洩対策製品「NetEvidence」Ver.2.0をリリース(オーク情報システム) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

情報漏洩対策製品「NetEvidence」Ver.2.0をリリース(オーク情報システム)

株式会社オーク情報システムは、情報漏洩対策製品「NetEvidence」のVer.2.0をリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社オーク情報システムは、情報漏洩対策製品「NetEvidence」のVer.2.0をリリースした。

同製品は、ネットワーク経由で外部と交わされる通信データをすべて記録・保存することで不正行為を抑止し、万一漏洩があった場合に漏洩者の特定と証拠保全に威力を発揮するフォレンジック製品。
新バージョン2.0では、利用者のリクエストを反映し、全体的なユーザーインターフェースの改良を図ると同時に、サーバ本体のディスク容量も1.2TBまで拡張。
また、バックアップ装置に関しても、従来のAIT3とLTO2に加えてLTO3(400GB)が新たに加わった。

価格は220万円から。

http://www.oakis.co.jp/NetEvidence/press_release/20051017.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×