情報漏洩対策製品「NetEvidence」Ver.2.0をリリース(オーク情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

情報漏洩対策製品「NetEvidence」Ver.2.0をリリース(オーク情報システム)

株式会社オーク情報システムは、情報漏洩対策製品「NetEvidence」のVer.2.0をリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社オーク情報システムは、情報漏洩対策製品「NetEvidence」のVer.2.0をリリースした。

同製品は、ネットワーク経由で外部と交わされる通信データをすべて記録・保存することで不正行為を抑止し、万一漏洩があった場合に漏洩者の特定と証拠保全に威力を発揮するフォレンジック製品。
新バージョン2.0では、利用者のリクエストを反映し、全体的なユーザーインターフェースの改良を図ると同時に、サーバ本体のディスク容量も1.2TBまで拡張。
また、バックアップ装置に関しても、従来のAIT3とLTO2に加えてLTO3(400GB)が新たに加わった。

価格は220万円から。

http://www.oakis.co.jp/NetEvidence/press_release/20051017.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×