「キャンパス・アサヒコム」が改竄被害、個人情報漏洩やウイルス感染も | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

「キャンパス・アサヒコム」が改竄被害、個人情報漏洩やウイルス感染も

朝日新聞社は10月19日、同社広告局が東京都中央区の制作会社に運営、管理を委託している大学進学情報の広告サイト「キャンパス・アサヒコム」のトップページが外部からの攻撃によって改竄されていることが確認されたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
朝日新聞社は10月19日、同社広告局が東京都中央区の制作会社に運営、管理を委託している大学進学情報の広告サイト「キャンパス・アサヒコム」のトップページが外部からの攻撃によって改竄されていることが確認されたと発表した。

トップページを閲覧すると、自動的に別のサイトに接続しウイルスをダウンロードするプログラムが仕込まれていたというもの。
この改竄によって、10月17日頃から18日17時30分頃までの間にアクセスをしたPCがウイルスに感染した疑いがあり、感染した場合はPC内のメールアドレスなどの情報が引き出される可能性があるという。
また、サーバ内に保存されていた最大462人の分の個人情報が引き出された疑いもあるとしている。

朝日新聞社:大学進学情報の広告サイト「キャンパス・アサヒコム」への攻撃について
http://www.campusasahi.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×