Linuxサーバ向け統合型セキュリティソリューションを発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

Linuxサーバ向け統合型セキュリティソリューションを発表(日本エフ・セキュア)

日本エフ・セキュア株式会社は10月18日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本エフ・セキュア株式会社は10月18日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」を発表した。

11月1日より予約受付を開始し、11月15日より出荷する。

同製品は、リアルタイムでのウイルス検査、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能により、高度なセキュリティを実現する。
また、無償オプションの「F-Secureポリシーマネージャ」を利用することにより、10,000システム以上のWindowsおよびLinuxのサーバ、PCを集中管理することが可能だ。
また、判りやすいWebベースでの日本語GUIやシステムアイコンにより、Linuxに不慣れなユーザでも容易に設定、管理が行える。

価格は1サーバ/88,000円(初年度、税抜き)だが、数量割引により10サーバで70,000円/サーバ、100サーバで35,000円/サーバでの提供となる。

http://www.f-secure.co.jp/news/200510181/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×