ドアハンドルを握るだけで本人認証するグリップ型の指静脈認証技術(日立製作所) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

ドアハンドルを握るだけで本人認証するグリップ型の指静脈認証技術(日立製作所)

株式会社 日立製作所は10月17日、ドアハンドルを握るだけで本人認証が行える、グリップ型の指静脈認証技術を開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社 日立製作所は10月17日、ドアハンドルを握るだけで本人認証が行える、グリップ型の指静脈認証技術を開発したと発表した。

同技術により、鍵の携帯はもちろん、認証のための特別操作も不要となり、自動車や住宅のドアハンドルを握るだけで指静脈認証によって開錠可能となる。

これまでの指静脈認証方式では、指の腹側にある静脈パターンを撮像することで認証してきたが、何かを握った状態では指が変形したり血管が圧迫されたりするため、静脈パターンが安定しないという問題があった。
そこで同社は、握ったときにはじめて適度の張りが生じて明瞭なパターンが得られる、指の甲側の静脈パターンを使用する認証技術方式を開発。
握ることでドアハンドル上の光源と指とが密着するため、明るく鮮明な静脈画像が取得できるようになった。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/10/1017.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×