Webアプリケーション脆弱性対策ツール「Secure Blocker」を提供(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

Webアプリケーション脆弱性対策ツール「Secure Blocker」を提供(NTTデータ)

株式会社NTTデータは10月17日、同社のWebアプリケーション脆弱性対策ライブラリ「Secure Blocker」を、ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社の大規模採用支援システム「eリクルーティングシステム e2R」へ提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社NTTデータは10月17日、同社のWebアプリケーション脆弱性対策ライブラリ「Secure Blocker」を、ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社の大規模採用支援システム「eリクルーティングシステム e2R」へ提供開始したと発表した。

Secure Blockerは、ServletやJSPに組み込んで使用することで、サイト全体に均一なセキュリティ対策を施すことが可能となるライブラリ。
設定ファイルの記述とログによる動作確認を実施するだけで、Webアプリケーションの最終的な脆弱性検査が行える。
また、脆弱性対策に必要な要件定義や設計、実装、テストが一切不要なため、開発期間の短縮が可能となるほか、開発コストの低減も実現できる。

http://www.nttdata.co.jp/release/2005/101700.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×