汎用USBメモリをPCの鍵として利用できるソフトを無償提供(カオスウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

汎用USBメモリをPCの鍵として利用できるソフトを無償提供(カオスウェア)

株式会社カオスウェアは10月18日、汎用のUSBメモリをPCの鍵のように扱うことにより、暗号・復号化するソフトウェア「CIPHERON Initiative」の無償ダウンロード提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カオスウェアは10月18日、汎用のUSBメモリをPCの鍵のように扱うことにより、暗号・復号化するソフトウェア「CIPHERON Initiative」の無償ダウンロード提供を開始した。

同製品は、USBメモリに常駐させ、USBメモリをPCから抜くだけでPC内の指定ファイルを自動的に暗号化し、再挿入することで復号化できるというもの。
暗号化技術には、独立行政法人情報通信研究機構の特許である高速暗号VSC技術を採用している。
なお同社は同製品に加え、IPネットワークのLAN接続コネクタの抜き差しで自動暗号・復号化するネットワーク版製品の完成も目指している。

http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h17/051018/051018.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×