社内に散在する暗号化の鍵を一元管理するソリューションを発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

社内に散在する暗号化の鍵を一元管理するソリューションを発表(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は10月13日、「Key Management Serverソリューション」を10月17日より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は10月13日、「Key Management Serverソリューション」を10月17日より提供開始すると発表した。

本ソリューションは、データの暗号化や復号に必要な「鍵」を集中管理し紛失や漏洩を防ぎ、統一した鍵管理ポリシーに基づいて全社システムのセキュリティレベルを保つ企業向け製品。
「鍵」を集中管理するためのソフトウェア・コンポーネントと、そのコンポーネントを企業内アプリケーションの要件に適応させるコンサルティング「RSAプロフェッショナル・サービス」を組み合わせたソリューションとなっており、アプリケーション開発者は「鍵」や鍵管理の詳細を理解しなくてもセキュアなシステムを容易に開発できる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200510131.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×