光ファイバ接続に対応したネットワークウイルス対策機器を発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

光ファイバ接続に対応したネットワークウイルス対策機器を発表(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月13日、2004年11月に発表したネットワークウイルス対策機器「Trend Micro Network VirusWall 2500」に、新たに光ファイバ接続用インタフェースを備えたモデル「Trend Micro Network VirusWall 2500 Fiber Model」を追加、11月11日より発売

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は10月13日、2004年11月に発表したネットワークウイルス対策機器「Trend Micro Network VirusWall 2500」に、新たに光ファイバ接続用インタフェースを備えたモデル「Trend Micro Network VirusWall 2500 Fiber Model」を追加、11月11日より発売すると発表した。

本製品は、FTTHを利用している企業向けの製品。光ファイバケーブルを直接接続できるポートを標準装備したネットワークウイルス対策機器となっており、1000BASE-LXを1基装備した「LX-1」、1000BASE-SXを2/4基装備した「SX-2」、「SX-4」の3機種がラインアップされる。
また、新機能としてNAT(Network Address Translation環境のサポート、脆弱性診断によって隔離されたクライアントコンピュータに対する動作の設定などが追加されている。

価格はLX-1およびSX-2が1,055,500円、SX-4が1,222,000円(すべて税込)。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2005/news051013.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×