「Winny」作者の支援活動をきっかけに「ソフトウェア技術者連盟」設立 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

「Winny」作者の支援活動をきっかけに「ソフトウェア技術者連盟」設立

10月8日、「ソフトウェア技術者連盟(LSE)」が設立された。

製品・サービス・業界動向 業界動向
10月8日、「ソフトウェア技術者連盟(LSE)」が設立された。

LSEは、P2Pファイル共有ソフト「Winny」の作者であり、著作権法違反幇助の疑いで逮捕された金子勇氏に対する支援活動がきっかけとなって、新井俊一氏により提唱、設立されたもの。
プログラマやシステムエンジニアなどのソフトウェア開発者を対象としており、技術者同士の交流や情報流通の促進を図り、また相互の交流と議論を通じて、ソフトウェア技術者の地位と職業意識の向上を目指すことを目的としている。

ソフトウェア技術者連盟(LSE)
http://lse.ysnet.org/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×