ネットワークアクセス管理システムの国内販売を開始(高千穂交易) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

ネットワークアクセス管理システムの国内販売を開始(高千穂交易)

高千穂交易株式会社は10月11日、米Vernier Networks社と代理店契約を締結、ネットワークアクセス管理(Network Access Management :NAM)システム「EdgeWall 7000 シリーズ」の国内販売を11月1日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
高千穂交易株式会社は10月11日、米Vernier Networks社と代理店契約を締結、ネットワークアクセス管理(Network Access Management :NAM)システム「EdgeWall 7000 シリーズ」の国内販売を11月1日から開始すると発表した。

本製品は、認証サーバとの連携によるユーザーおよびクライアントPCのアクセス管理、ポリシーの実施、クライアントPCの脆弱性とセキュリティパッチの管理、不正侵入防止を全て組み合わせたワンボックス・アプライアンス。
特別なソフトウェアをクライアントPC側に導入する必要がなく、ネットワーク環境にあわせて最大1ギガまでのスループットを実現する。

価格は「EdgeWall 7000 シリーズ」が1,440,000円から、「コントロールサーバー」が2,400,000円となっている。

http://www.takachiho-kk.co.jp/what/news/news2005/news051011.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×