ネットワーク・キャプチャ型の新データベース監視ソフトを提供(アイピーロックス ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

ネットワーク・キャプチャ型の新データベース監視ソフトを提供(アイピーロックス ジャパン)

アイピーロックス ジャパン株式会社は、新たにネットワーク・キャプチャ型の新データベース監視ソフト「IPLocks N シリーズ」を10月17日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アイピーロックス ジャパン株式会社は、新たにネットワーク・キャプチャ型の新データベース監視ソフト「IPLocks N シリーズ」を10月17日より販売開始すると発表した。

Nシリーズは、データベースの監査ログを利用する従来製品と違い、データベース・サーバに対するアクセス要求をネットワーク上で捉える(キャプチャする)ことで、データベースへのアクセス監視およびアクセスログ収集を行うソフトウェア。
各データベース・サーバに至るネットワーク上にパケットをキャプチャする本製品を設置するだけで、SQL文、ユーザー端末のIPアドレス、アクセスされたデータ件数などのアクセスログを容易に収集し、情報漏洩につながる不審なアクセスを検知することができる。

価格は300万円から。

http://www.iplocks.co.jp/press/20051006.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×