不正PCアクセス検知領域で協業(NEC、シスコシステムズ) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

不正PCアクセス検知領域で協業(NEC、シスコシステムズ)

日本電気株式会社(NEC)とシスコシステムズ株式会社(シスコ)は10月11日、不正PCのアクセス検知領域について協業したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)とシスコシステムズ株式会社(シスコ)は10月11日、不正PCのアクセス検知領域について協業したと発表した。

今回の協業では、NECの無許可PCによるネットワークアクセスを検知・防止するアプライアンス「InterSec/NQ30a」と、シスコの自己防衛型ネットワーク構想Network Admission Controlソリューションを組み合わせ、不正PCを制御し、ネットワークを保護する「不正PCアクセス検知システム」を実現する。

またNECのネットワーク運用管理ソフト「WebSAM NetvisorPro」を併用することで、InterSec/NQ30aやシスコのネットワーク機器を含めたネットワーク構成全体を監視することが可能となる。
両社は、不正PCの利用を制限する領域において、よりセキュリティレベルの高いシステムの構築を提供可能だとしている。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0510/1102.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×