セキュリティソフトを標準搭載したUSB2.0、IEEE1394両対応のHDDを発売(アイ・オー・データ機器) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

セキュリティソフトを標準搭載したUSB2.0、IEEE1394両対応のHDDを発売(アイ・オー・データ機器)

株式会社アイ・オー・データ機器は10月5日、セキュリティ機能を搭載したUSB2.0/IEEE1394両対応の外付けHDD「HDH-SUE」シリーズを10月下旬より発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アイ・オー・データ機器は10月5日、セキュリティ機能を搭載したUSB2.0/IEEE1394両対応の外付けHDD「HDH-SUE」シリーズを10月下旬より発売すると発表した。

本製品は、同社セキュリティソフト「iSPIS」を標準搭載していることが特徴。同ソフトによりHDDを丸ごとロックし、設定したPC以外では利用できなくさせることができる。
また、暗号フォルダを作成し、そのフォルダに収納したデータを256bitAESで自動的に暗号化、復号化する機能も搭載した。
HDD本体背面には、ケンジントンスロットが備えられており、ハード面からも盗難防止対策を実現できる。

容量160GB/250GB/300GB/400GBの4タイプをラインアップし、価格はそれぞれ17,800円、24,200円、31,700円、47,700円。

http://www.iodata.jp/news/2005/10/hdh-sue.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×