「電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?」e-文書法早わかりサイトに掲載(セコムトラストネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

「電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?」e-文書法早わかりサイトに掲載(セコムトラストネット)

 セコムトラストネットは、同社のWebサイトで開設している「e-文書法 早わかりサイト」に連載第4回として「電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?」と題した新規コラムを追加掲載した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セコムトラストネットは、同社のWebサイトで開設している「e-文書法 早わかりサイト」に連載第4回として「電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?」と題した新規コラムを追加掲載した。

 本コラムでは「e-文書法で、技術的に重要なことは、改竄防止に電子署名だけでなくタイムスタンプを用いることです。世界的にもe-文書法に相当する法律はありますが、タイムスタンプの運用まで踏み込んだ日本の法律は、進んだものです。」と寄稿したフリーライターの武井氏は述べ、電子書名とタイムスタンプの仕組みと、e-文書法での役割について解説している。
 この「e-文書法早わかりサイト」では、「e-文書法とは?」「e-文書法がもたらす業務改革」「文書の改竄防止対策」のテーマですでにコラム掲載している。次回は、「画像情報におけるデジタル保存手順と国税関係書類について」を予定している。

http://www.secomtrust.net/news/2005/ns_ebunshosite20051006.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×