SSL暗号化通信に特化したウェブサイト運用監視サービスの提供を開始(日本ベリサイン、サイトロック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

SSL暗号化通信に特化したウェブサイト運用監視サービスの提供を開始(日本ベリサイン、サイトロック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ベリサイン株式会社のグループ企業であるサイトロック株式会社は10月6日、同社が現在提供しているITシステム運用監視サービスを日本ベリサイン向けにカスタマイズし、SSL暗号化通信に特化したウェブサイト運用監視サービス「SiteCare for SSL」を10月19日より日本ベリサイン経由で提供開始すると発表した。

価格は初期設定費用が67,200円、年間費用が88,200円(ともに税込)。

本サービスは、インターネット経由でHTTPSポートのサービス稼働状況やレスポンスの24時間有人監視を行い、障害の早期通知によって迅速な障害対応を可能にするというもの。
インターネット経由でエンドユーザの視点に立って正常にサービスが提供されているか監視し、突発的な問題や経路障害などが発生した場合には緊急度判別を行い、必要な情報だけを企業の運用担当者に電話および電子メールにて通知する。

http://www.verisign.co.jp/press/2005/pr_20051006.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×