セキュリティUSBメモリ「Secure EasyDisk」に「RoHS指令」対応モデル(アイ・オー・データ機器) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

セキュリティUSBメモリ「Secure EasyDisk」に「RoHS指令」対応モデル(アイ・オー・データ機器)

株式会社アイ・オー・データ機器は10月5日、発売中の堅牢セキュリティUSBメモリー「Secure EasyDisk」に、「RoHS指令」対応モデルを追加したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アイ・オー・データ機器は10月5日、発売中の堅牢セキュリティUSBメモリー「Secure EasyDisk」に、「RoHS指令」対応モデルを追加したと発表した。

RoHS指令とは、電子電気機器の廃棄時に環境や人体への悪影響が懸念される有害物質の使用を規制/禁止する指令。
従来モデルと同様に、USBポート挿入時のパスワード認証機能や次回ログイン時でデータ自動消去フォルダを装備しているほか、データ分散化ソフトも添付した。
なお、既存の「EDSシリーズ」とは完全互換で動作するため、既にシステムを構築している場合でも、容易に変更が可能だ。

容量256MB/512MB/1GB/2GBモデルの4種類をラインアップ、価格はそれぞれ7,500円、13,500円、25,000円、56,000円。

http://www.iodata.jp/news/2005/10/eds-eco.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×