児童・生徒の安全対策として「登下校確認システム」などを導入・運用(富士通) | ScanNetSecurity
2020.12.02(水)

児童・生徒の安全対策として「登下校確認システム」などを導入・運用(富士通)

富士通株式会社は、浦和ルーテル学院が児童・生徒の安全対策の一環として、本年4月より連絡事項をメールで一斉送信する「連絡メール」と、ICタグとメールを活用し児童の登下校時刻をリアルタイムに把握できる「登下校確認システム」を導入していることを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士通株式会社は、浦和ルーテル学院が児童・生徒の安全対策の一環として、本年4月より連絡事項をメールで一斉送信する「連絡メール」と、ICタグとメールを活用し児童の登下校時刻をリアルタイムに把握できる「登下校確認システム」を導入していることを発表した。

個人情報保護法の本格施行に合わせ、児童・生徒の氏名や住所を記載した名簿の配布を廃止したことや電車を利用して通学する児童が多いことなどから導入を決めた。
両サービスは、富士通の安全対策アプリケーションサービスを利用したもので、同社のインターネットデータセンターにて運用・管理を行っている。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2005/09/30.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×