児童・生徒の安全対策として「登下校確認システム」などを導入・運用(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

児童・生徒の安全対策として「登下校確認システム」などを導入・運用(富士通)

富士通株式会社は、浦和ルーテル学院が児童・生徒の安全対策の一環として、本年4月より連絡事項をメールで一斉送信する「連絡メール」と、ICタグとメールを活用し児童の登下校時刻をリアルタイムに把握できる「登下校確認システム」を導入していることを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士通株式会社は、浦和ルーテル学院が児童・生徒の安全対策の一環として、本年4月より連絡事項をメールで一斉送信する「連絡メール」と、ICタグとメールを活用し児童の登下校時刻をリアルタイムに把握できる「登下校確認システム」を導入していることを発表した。

個人情報保護法の本格施行に合わせ、児童・生徒の氏名や住所を記載した名簿の配布を廃止したことや電車を利用して通学する児童が多いことなどから導入を決めた。
両サービスは、富士通の安全対策アプリケーションサービスを利用したもので、同社のインターネットデータセンターにて運用・管理を行っている。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2005/09/30.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×