国立がんセンターにて高度なセキュリティーの認証LANが全面稼動(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

国立がんセンターにて高度なセキュリティーの認証LANが全面稼動(日本IBM)

国立がんセンターは10月4日、国立がんセンターで構築を進めてきた日本IBMのセキュリティを搭載した新キャンパス・ネットワークが全面稼動を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
国立がんセンターは10月4日、国立がんセンターで構築を進めてきた日本IBMのセキュリティを搭載した新キャンパス・ネットワークが全面稼動を開始したと発表した。

国立がんセンターの築地キャンパスは、管理棟や研究棟、病棟、検診研究センターなど6つのブロックに分散しており、職員が施設内のどこからでも情報にアクセスできるネットワーク環境が必要であった。
今回稼働を開始したネットワークは、端末を立ち上げる時にユーザIDとパスワードによる認証を行い、ネットワークに接続する仕組み。
ユーザごとに接続するLANを指定できるため、どの棟やフロアから接続しても同じLANに接続可能となる。本技術によって、高度なセキュリティを保持しながら、場所を問わずに同じネットワーク環境に接続することが可能となった。

http://www.ibm.com/news/jp/ja/2005/10/10042.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×