ファイアウォール/プロキシーレポーティング製品の国内販売権を取得(日立ソフトウェアエンジニアリング) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

ファイアウォール/プロキシーレポーティング製品の国内販売権を取得(日立ソフトウェアエンジニアリング)

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ファイアウォール製品やプロキシー製品の稼動状況をレポートする、米Net IQ社のソフトウェア「Security  Reporting Center」「Firewall Suite」の開発・改変権と日本国内における販売権を取得した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ファイアウォール製品やプロキシー製品の稼動状況をレポートする、米Net IQ社のソフトウェア「Security  Reporting Center」「Firewall Suite」の開発・改変権と日本国内における販売権を取得した。

これまで、国内の販売・サポートは子会社であるNetIQが行っていたが、今後は日立ソフトが取り扱う。同社の予定では、当初は現行製品の形で販売継続し、2006年1月リリースで本製品を同社ブランドにリブランドした後、製品のエンハンスや機能追加などを行うとしている。

両製品は、ファイアウォール製品やプロキシー製品が生成するログ情報を分析し、視覚的なレポート情報としてIT管理者に提供するパッケージソフトで、ネットワーク機器のログレポート機能の分野では、国内トップシェアに位置する製品。

http://www.hitachi-sk.co.jp/News/News343.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×