スパイウェア対策サービスにComputer Associatesの技術を採用(AOL) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

スパイウェア対策サービスにComputer Associatesの技術を採用(AOL)

米AOL(America Online)は9月21日、同会員向けのスパイウェア、アドウェア対策サービス「AOL Spyware Protection 2.0(ASP 2.0)」の提供を同日より開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
米AOL(America Online)は9月21日、同会員向けのスパイウェア、アドウェア対策サービス「AOL Spyware Protection 2.0(ASP 2.0)」の提供を同日より開始したと発表した。

会員は無償で利用することができる。本サービスは、米Computer Associates社のeTrust PestPatrol Anti-Spyware技術を採用しており、1分ごと、15分ごと、1日1回、週に1回の頻度で4種類のスキャンを実施し、およそ15,000タイプのスパイウェアやアドウェア、キーロガー、トロイの木馬などを検出する。
また、毎日「Quick Scan」が自動的に実行され、28,000種類以上の既知のスパイウェアやアドウェアをスキャンする。

AOL 9.0では自動的にアップデートが行われ、AOL 8.0のユーザーも追加料金なしにダウンロードできる。
また、年内か来年早々に更新バージョンを提供する予定だ。

http://www.aol.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×