大和証券SMBC、3,692名の個人情報が記録されたマイクロフィルムを紛失 | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

大和証券SMBC、3,692名の個人情報が記録されたマイクロフィルムを紛失

大和証券グループ本社は9月28日、大和証券SMBC株式会社において同社決済部大阪決済課が保管しているマイクロフィルムの一部を紛失していることが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
大和証券グループ本社は9月28日、大和証券SMBC株式会社において同社決済部大阪決済課が保管しているマイクロフィルムの一部を紛失していることが判明したと発表した。

紛失が判明したマイクロフィルムは、同社大阪支店の法人部門に係る「ミリオン(従業員積立投資プラン)個人台帳」の平成元年4月から6月分の5枚。
別に保存されている正本と比較し内容を調査したところ、3,692名の顧客の姓名(片仮名)、性別コード、加入者コード(事業主コードと従業員コードの組み合わせ)、ミリオンの取引状況(積立額、残高など)が記載されていた。

ただし、不正に社外に持ち出すことは考えがたく、社内で誤って廃棄した可能性が高いとしている。

大和証券:お客様情報を含むマイクロフィルム紛失に関するご報告とお詫び
http://www.daiwa.jp/press/050928-a.cfm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×