RMSを利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始(NTT西日本、マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2020.11.01(日)

RMSを利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始(NTT西日本、マイクロソフト)

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)とマイクロソフト株式会社は、「Microsoft Windows Rights Management Services(RMS)」を利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
西日本電信電話株式会社(NTT西日本)とマイクロソフト株式会社は、「Microsoft Windows Rights Management Services(RMS)」を利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始した。

同サービスは、Webシステムとクライアントの間に新たにアクセスコントロールサーバを設置することにより、Webブラウザに表示される情報の閲覧、保存、印刷、文字のコピー&ペースト、プリントスクリーンなどを制御し、Webシステムにおける重要情報の漏洩を防止するもの。
既存のWebシステムにソフトウェアをインストールすることなく利用できるため、既存の環境にほとんど手を加えることなくWebコンテンツの保護を実現可能。
また、ベースにRMSを利用しているため、「Office Professional Edition 2003」を導入すればOffice文書の権限管理も可能になる。

導入価格は550万円から。

http://www.ntt-west.co.jp/news/0509/050926c.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×