RMSを利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始(NTT西日本、マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

RMSを利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始(NTT西日本、マイクロソフト)

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)とマイクロソフト株式会社は、「Microsoft Windows Rights Management Services(RMS)」を利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
西日本電信電話株式会社(NTT西日本)とマイクロソフト株式会社は、「Microsoft Windows Rights Management Services(RMS)」を利用した「Webコンテンツ保護サービス」の提供を開始した。

同サービスは、Webシステムとクライアントの間に新たにアクセスコントロールサーバを設置することにより、Webブラウザに表示される情報の閲覧、保存、印刷、文字のコピー&ペースト、プリントスクリーンなどを制御し、Webシステムにおける重要情報の漏洩を防止するもの。
既存のWebシステムにソフトウェアをインストールすることなく利用できるため、既存の環境にほとんど手を加えることなくWebコンテンツの保護を実現可能。
また、ベースにRMSを利用しているため、「Office Professional Edition 2003」を導入すればOffice文書の権限管理も可能になる。

導入価格は550万円から。

http://www.ntt-west.co.jp/news/0509/050926c.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×