企業情報を適所に適時自動配置することができるパッケージを発売(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

企業情報を適所に適時自動配置することができるパッケージを発売(EMCジャパン)

EMCジャパン株式会社は、ポリシー・ベースのデータ管理とデータ移動を実現するソフトウェア「Centera FileArchiver(CFA)」を活用して、NAS(ネットワーク接続型ストレージ)とCAS(コンテンツ・アドレス・ストレージ)のストレージ階層間でILM(情報ライフサイクル管理

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は、ポリシー・ベースのデータ管理とデータ移動を実現するソフトウェア「Centera FileArchiver(CFA)」を活用して、NAS(ネットワーク接続型ストレージ)とCAS(コンテンツ・アドレス・ストレージ)のストレージ階層間でILM(情報ライフサイクル管理)を実現する「ILMサーバ・ソリューション・パッケージ」を発売した。

導入により、NASへのユーザーアクセスに影響を与えることなく、CASへの物理データの移動が実現可能。また、使用頻度の低いデータは、組織の保存/廃棄ポリシーに基づいてバックグラウンドでCASに移管されるため、バックアップ・サイズとバックアップ時間の大幅削減が可能。これにより、情報共有からコンプライアンスまでを自動的に一括管理でき、わずらわしい情報管理をシンプルかつ効率良く実現できる。

パッケージには、ワンラックとEMCのNAS製品「Celerra NS500」、CAS製品「Centera」、ポリシー・ベースのデータ管理/データ移動ソフトウェア「Centera FileArchiver」が含まれており、価格は10,479,000円から。

http://japan.emc.com/news/press_releases/viewJP.jsp?id=3578
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×