千葉市消防局、防火管理者資格取得の講習会参加者の名簿を紛失 | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

千葉市消防局、防火管理者資格取得の講習会参加者の名簿を紛失

千葉市消防局は9月16日、防火管理者資格取得の講習会参加者の名簿の一部を紛失していたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
千葉市消防局は9月16日、防火管理者資格取得の講習会参加者の名簿の一部を紛失していたと発表した。

これは9月15日および16日、一定規模の建物に配置するよう求められている「防火管理者」の資格取得のために開催された講習会で発生したもの。市の外郭団体で事業委託している市防災普及公社の男性主事が、講習会参加者名簿の一部を強風に飛ばされ紛失した。飛ばされた名簿は全部で14枚で、すぐに回収したものの3枚が発見できなかったという。
この3枚には、74名分の氏名、住所、生年月日などが記載されていた。

千葉市消防局
http://www.city.chiba.jp/fire/top.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×