Cisco社製品など複数ベンダのICMPでSource Quenchエラーによる脆弱性が見つかる | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

Cisco社製品など複数ベンダのICMPでSource Quenchエラーによる脆弱性が見つかる

サイバーディフェンス社からの情報によると、複数のベンダが実装しているTCPネットワーキングプロトコルで、リモートから攻撃可能な脆弱性が見つかった。これにより、DoS攻撃を受ける可能性がある。これは設計上の欠陥である。実環境で攻撃コードの存在を確認している。

製品・サービス・業界動向 業界動向
サイバーディフェンス社からの情報によると、複数のベンダが実装しているTCPネットワーキングプロトコルで、リモートから攻撃可能な脆弱性が見つかった。これにより、DoS攻撃を受ける可能性がある。これは設計上の欠陥である。実環境で攻撃コードの存在を確認している。パッチはリリースされており、暫定処置も公開されている。ICMPエラーメッセージの1つに、タイプ4の「Source Quench」メッセージがある。ルータやエンドポイントは、このメッセージを使用して、リモートシステムに接続速度を低下させるように要求する。この際に通常は、エラーの数とドロップされるパケットの数を減らすために、ルータがワークステーションに「Source Quench」メッセージを送信して、速度を落とすように要求する。これを利用して、不正な「Source Quench」メッセージを送信することにより、リモートエンドでデータを受信する速度を低下させることができる。

※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【21:31 GMT、09、13、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×