ICカードでPCからの情報漏洩を防止するセキュリティ・ソフトウェア(大日本印刷) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

ICカードでPCからの情報漏洩を防止するセキュリティ・ソフトウェア(大日本印刷)

大日本印刷株式会社は9月14日、ICカードを使用したセキュリティ・ソフトウェア「エンドポイント・セーバー」を開発、10月末より企業向けに販売を開始すると発表した。同製品は、PCにソフトを導入する際に、あらかじめユーザのICカード情報を登録させ、PC起動時に登録ユー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社は9月14日、ICカードを使用したセキュリティ・ソフトウェア「エンドポイント・セーバー」を開発、10月末より企業向けに販売を開始すると発表した。同製品は、PCにソフトを導入する際に、あらかじめユーザのICカード情報を登録させ、PC起動時に登録ユーザのICカードをカード読取機にセットし、正しいPIN入力を行わなければ、PCが起動しないというもの。読取機からICカードを抜き出すと画面表示やキーボード/マウス操作が停止するため、復帰させるには、再度登録ユーザ本人がICカードをセットしてPIN入力を行う必要がある。なお同製品は、SSFCフォーマットに対応しており、SSFCフォーマット準拠のICカードを利用することで、ゲートメーカー各社から発売が予定されているSSFC対応ゲートシステムと連携させることが可能だ。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2005/050914_3.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×