汎用機OSに対応した暗号化ツールキットの最新版発売(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

汎用機OSに対応した暗号化ツールキットの最新版発売(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は9月13日、暗号化ツールキット「RSA BSAFE Crypto」において、汎用機OSに対応した最新版「RSA BSAFE Crypto-C v6.2.1」、「RSA BSAFE Crypto- J v3.5」を9月21日に発売すると発表した。同社は、汎用機を利用したシステムでデータを管理している

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は9月13日、暗号化ツールキット「RSA BSAFE Crypto」において、汎用機OSに対応した最新版「RSA BSAFE Crypto-C v6.2.1」、「RSA BSAFE Crypto- J v3.5」を9月21日に発売すると発表した。同社は、汎用機を利用したシステムでデータを管理している企業が多いことから、汎用機上で動作する暗号ツールキットの提供に踏み切った。BSAFEシリーズ「RSA BSAFE Crypto-C(C言語用ライブラリ)」と「RSA BSAFE Crypto-J(Java用ライブラリ)」の新バージョンで汎用機OSをサポート、これによりz/OS、OS/390およびOS/400上のアプリケーションで最新の暗号アルゴリズムを使用可能。また、汎用機のプログラム開発言語として広く利用されているCOBOLにも対応するため、RSA BSAFE Crypto-Cのアドオンソフトとして「Cobol Wrapper」も同時に提供開始する。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200509131.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×