個人情報保護に対応したはがき印刷ソフトを発売(富士ソフトABC) | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

個人情報保護に対応したはがき印刷ソフトを発売(富士ソフトABC)

富士ソフトABC株式会社は9月6日、はがき印刷ソフトの最新バージョン「筆ぐるめVer.13」を9月16日より発売すると発表した。新バージョンでは、作成した住所録データを同社独自の共通鍵方式暗号技術「FSAngo」によって暗号化する。住所録を盗まれた場合でも、住所録にパス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士ソフトABC株式会社は9月6日、はがき印刷ソフトの最新バージョン「筆ぐるめVer.13」を9月16日より発売すると発表した。新バージョンでは、作成した住所録データを同社独自の共通鍵方式暗号技術「FSAngo」によって暗号化する。住所録を盗まれた場合でも、住所録にパスワードロックを掛けていれば開くことができないため、個人情報保護を強固に守ることができる。また、1台のPCを複数人で使用している場合でも、ファイル別にパスワードを設定できる。さらに、住所情報や秘密のメッセージをQRコードにして印刷できる「QRコードの読み取り・書き込み機能」、年賀状に添えたコメントの履歴を12年分保存できる「ひとことコメント履歴」が新機能として搭載された。ソフトはCD-ROM版とDVD-ROM版が用意され、ともに税込4,980円。アップグレード版・乗換版は税込3,180円。

http://www.fsi.co.jp/company/news/050906.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×