情報漏洩防止ソリューション「秘文」の海外展開で提携(日立ソフトウェアエンジニアリング、KDDIネットワーク&ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

情報漏洩防止ソリューション「秘文」の海外展開で提携(日立ソフトウェアエンジニアリング、KDDIネットワーク&ソリューションズ)

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社と株式会社KDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)は、日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文(ひぶん)」(英語版製品名称「HIBUN」)の北米、欧州、アジアへの海外展開について、協業を開始することに合意し、英

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社と株式会社KDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)は、日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文(ひぶん)」(英語版製品名称「HIBUN」)の北米、欧州、アジアへの海外展開について、協業を開始することに合意し、英語版を9月より販売開始すると発表した。日本国内での情報漏洩対策が進み、海外支店や現地法人においても同様のニーズが強くなってきているのに応えたもの。日立ソフトでは、ドライブ、メディア及びファイルの暗号化を行う「秘文AE Information Cypher(インフォメーションサイファー)」、外部媒体への持ち出しや印刷の制御を行う「秘文AE Information Fortress(インフォメーションフォートレス)」、ログ収集とユーザー管理を行う「秘文AE Server」の3製品の英語対応版を開発し、11月にリリース予定。また、KNSLは一次代理店として、海外販社向けに365日24時間体制で、日本語と英語によるサポート窓口を開設し対応する。

http://hitachisoft.jp/News/News337.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×