ネットワーク経由で安全に個人情報を授受できる新サービス(大日本印刷) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

ネットワーク経由で安全に個人情報を授受できる新サービス(大日本印刷)

大日本印刷株式会社は、得意先と同社間の個人情報の授受を、ネットワークを経由して安全に行う新サービス「ジャンダルム」を開発、今秋より提供すると発表した。新システムは、同社が運営するインターネットデータセンターに設置した専用サーバを経由して得意先と個人情

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社は、得意先と同社間の個人情報の授受を、ネットワークを経由して安全に行う新サービス「ジャンダルム」を開発、今秋より提供すると発表した。新システムは、同社が運営するインターネットデータセンターに設置した専用サーバを経由して得意先と個人情報をやり取りするもので、営業部門や輸送部門などを介在させることなく、製造部門が直接データを受け取るのが特徴。製造部門のPCと専用サーバは専用回線で結ばれ、かつ、アクセス制御されているため、社外はもちろん社内の他部門からもアクセスは不可能。得意先PCと専用サーバ間の通信はSSLによって暗号化されており、専用サーバ上のデータは次世代標準暗号方式「AES」によって暗号化され保存されているため、万が一漏洩があった場合でも利用するのは困難となっている。また、得意先と同社製造部門のPCには、ICカードを使った同社オリジナルのデスクトップセキュリティソフトウェア「TranC'ert」を搭載するなど、PCのセキュリティ向上も図られている。10月より運用開始。当面はダイレクトメールの宛名など中小規模の個人情報の入稿を中心にサービス提供を行う予定。利用料金は1ユーザーあたり5万円/月程度の予定。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2005/050905_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×